Little tree



Little tree:  Little tree: 
  • Little tree/駒形克己
  • 7,000円+税(8%税込7,560円)
  • 買物かごへ
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

いつも在ると思っていた存在が突然失われ、あらためて気づく存在の大きさ。誰にも気づかれない小さな存在だった木が、ページをめくるごとにポップアップとなって現れる。季節とともに姿を変え、周囲の様子もまた変化するポップアップ絵本。

あまり厚い作りにはしたくない。だからシンプルな構造を考えていく。試作の段階で、一度折り畳まれてしまった紙は、その折りぐせからどうしても木が開かない。いつも仕事をお願いしている型抜きの職人さん。彼のアドバイスで、木の真ん中に少しだけ切り込みを入れてみると、木がちゃんと開くようになった。

(駒形克己: ART ON PAPER より)

2008年に、初版500限定で刊行された Little tree が、改良されて重版されました。

ページをめくるごとに、深い充足感に胸が満たされます。

一本の木が、大きくなる。季節が移り、時が流れ、木もまた装いを変えながら成長する…。静かに淡々と流れる時間が美しく、愛おしく思える、そんな本です。

この本のなかで木は立ち上がります。でも、それは読む人を驚かしたり、感心させるために立つのではありません。木が木らしく美しく存在するために立つのです。すっくと立った木は誇りと自信に満ちていて、見開きごとに選び抜かれた紙とイラスト(ほとんどは影)で構成された「地面」に柔らかい影を落とします。その凛としたたたずまいの美しいこと。

そして、この静かな美しい物語が描くのは生と死。木は生まれ死に、また別の場所でかけがえのない存在として生まれます。最後の場面、「きっと誰かのために存在する」の言葉に救われるのは私だけではないでしょう。

(2009年8月 佐々木)

木はどこかへ動くこともなく、この時までのさまざまな瞬間の積み重ねを経て、今を生きている。 数百年生きてきた木もあれば、芽吹いたばかりの若い木もある。 それぞれがそれぞれの時代を生き、自らの存在が失われるその日までじっと立ち続けている。 その姿は凛々しく健気で、そして愛おしい。 この本の制作にあたっては、韓国ドゥソン社のご協力と特種製紙株式会社のご支援をいただいた。 韓国版の翻訳やタイポグラフィーに徐貞媛氏のご協力が得られ、 また多くの人たちの支えがあって「Little tree」を刊行することができました。深く感謝いたします。 (駒形克己:あとがきより)

商品詳細

著: 駒形克己
英語翻訳: コリーヌ・アーウィン
寸法: 21×26cm
内容: 28ページ
製作: ワンストローク (日本)
初版: 2008年04月

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本