「こどものとも 0.1.2」 2009年12月号

もりのどうぶつ


作者紹介

大竹英洋(おおたけひでひろ) 1975年生まれ。写真家。一橋大学社会学部卒業。北アメリカ大陸北部に広がる湖水地方「ノースウッズ」をフィールドに、野生動物や人々の暮らしを撮影。人間と自然とのつながりを問う作品を制作し、雑誌、絵本、写真展などで発表している。写真絵本に、「ノースウッズの森で」(たくさんのふしぎ 2005年9月号)、「春をさがして カヌーの旅」(たくさんのふしぎ 2006年4月号)がある。

  • こどものとも012 もりのどうぶつ
  • 410円+税(8%税込443円)
  • 販売終了
電話注文もできます。
054-251-8700

野生動物たちの美しい姿

作者の大竹英洋さんは、北アメリカ北部に広がる湖水地方「ノースウッズ」をフィールドに、野生動物や人々の暮らしを撮影されている方です。

これまでにも、福音館書店から、「ノースウッズの森で」(たくさんのふしぎ 2005年9月号)、「春をさがして カヌーの旅」(たくさんのふしぎ 2006年4月号)を出しています。私は2冊とも持っているのですが、自然や動物そこに暮らす人々を描写する写真も文章も素晴らしいのです。写真には、自然の持つ厳しさ、凛とした空気感、陽の光の温かさなどが満ちています。読んでいて、ノースウッズに行ってみたくなりました。

そんな大竹さんの新刊は、赤ちゃん向けの写真絵本です。アカリスやライチョウといった野生動物たちを主人公に、リズミカルな言葉でページが進みます。自然の中で撮られた動物の写真は美しく、本物の命を感じさせます。小さなこどもたちもきっと、「可愛い」だけではない動物の姿を感じとってくれるのではないでしょうか。

商品詳細

年齢: 0歳〜
文: おおたけひでひろ
写真: おおたけひでひろ
寸法: 20×19cm
内容: 20p
製作: 福音館書店 (日本)
初版: 09年12月

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

関連する商品/記事

本・絵本