[ここから本文]

ムーミン画集 ふたつの家族

「ムーミン」を絵から読み解く初めての画集

原作で使われている絵を中心に、初版時のものとの比較や、スケッチ・ラフといった珍しい資料、インタビューや文章から抜き出したヤンソン自身の言葉、ヤンソンの家族写真、1966年の国際アンデルセン賞受賞スピーチによって構成されたムーミン画集です。

この本を眺めると、「トーヴェ・ヤンソンは画家である」とことにあらためて気付かされます。ムーミンの作者ということで、児童文学者、もしくはその後の小説などで、物語を書く人という印象が強いのですが、実は15歳のときにイラストレーターとして活動し始めているんですね。高校では工芸美術を専攻し、その後もフィンランド芸術協会デッサン学校で学んだり、パリに留学したり、多くの展覧会に出品し、一方で挿絵画家として雑誌「ガルム」の専属イラストレーターとして仕事をしていた訳ですから、文字通り画家なんですね。

その実力は「ムーミン谷の冬」のイラストを評して、1958年にスウェーデンのエルサ・ベスコフ賞、フィンランドのルドルフ・コイブ賞を贈られていることからもおわかりいただけると思います。

この画集では、原作に使われた絵を大判でたっぷり味わえます。私のように文庫本でムーミンシリーズを読んだものにとっては、それだけでもありがたいのに、その上、ハードカバー版の表紙のいくつかも味わうことができます。さらに、ところどころに差し込まれたスケッチやラフ画が、生き生きとした線で、実に味わい深いんです。ファンにとってはうれしいですよね。

また、各章のはじめには、ムーミンを語らせたら右に出る人はいない冨原眞弓さんによる文があり、途中にちりばめられたヤンソン自身の言葉と相まって、「ムーミン」と「トーヴェ・ヤンソン」の世界を覗かせてくれます。

ムーミン画集 ふたつの家族写真を拡大
絵・文:
トーヴェ・ヤンソン
文:
冨原眞弓
発行:
講談社
寸法:
27cm
頁数:
111p
初版:
2009年
  • ムーミン画集 ふたつの家族
  • 2,600円+税(8%税込2,808円)
  • 買物かごへ

ムーミン画集 ふたつの家族:本の中身
写真を拡大

左上が「ムーミン谷の仲間たち」の挿画。枠内はママのポーズを決めるためのデッサン。これを見るとほんとヤンソンさんって絵が上手ですね。さらさらっと描いてあるように見える挿絵でも、いろいろな試行錯誤があったことが伺える興味深い資料です。

ムーミン画集 ふたつの家族:本の中身
写真を拡大

「ムーミン谷の彗星」の初版(左)と新版(右)の装画。現在の日本語版のハードカバー版には、右の絵が使われています。左の初版の絵は、「ようこそ!ムーミン谷へ」にも小さく紹介されていましたが、この画集ではひとつひとつの絵が大きく扱われています。

ムーミン画集 ふたつの家族:本の中身
写真を拡大

ムーミン屋敷の前にかかる橋のいろいろ。

サブコラム

メインコンテンツに関連した内容

エクストラコラム

ナビゲーションなど