科学の絵本

科学がちょっと苦手なんていう人も、こんな楽しい子どもの絵本なら、つい興味を持ってしまいます。まず、大人が楽しむことから始めましょう。

科学の絵本は読み聞かせる本もありますが、どちらかというと資料として出番を待っているものが多いので、まず大人が読んでおいて、子どもがちょうど欲している時に、その知識を提供してやります。

ちいさななかまたち

昆虫

やあ!出会えたね

カブトムシ

  • やあ!出会えたね カブトムシ/今森光
  • 1,400円+税(8%税込1,512円)
  • 買物かごへ

かこさとし・ほしのほん2

なつのほし

  • なつのほし/かこさとし
  • 1,200円+税(8%税込1,296円)
  • 買物かごへ
  • せみとりめいじん/かみやしん
  • 838円+税(8%税込905円)
  • 買物かごへ
  • 野の草花/古矢一穂
  • 1,400円+税(8%税込1,512円)
  • 買物かごへ

645種の身近な生きものの世界

夏の虫 夏の花

  • 月へ行きたい/松岡徹
  • 1,300円+税(8%税込1,404円)
  • 買物かごへ
  • せいめいのれきし改訂版/バージニア・リー・バートン
  • 1,700円+税(8%税込1,836円)
  • 買物かごへ
  • 中を そうぞうしてみよ
  • 900円+税(8%税込972円)
  • 買物かごへ
にわさきのむし
小林俊樹 文/たかはしきよし 絵
26×23cm 28p
身近で誰もが知っているような虫や小さな生き物。でも、はじめて知るような意外な事実が!
品切れ中。重版未定
みんなうんち
五味太郎
25×22cm 28p
これは科学の本である。しかし、ここに書かれていることは、うんちは大切であると言うことだけである。そのユーモアがうれしい。
  • みんなうんち/五味太郎
  • 900円+税(8%税込972円)
  • 買物かごへ
むしばミュータンスのぼうけん
加古里子
22×19cm 32p
悪役を主人公に仕立てて、虫歯のメカニズムを書いた絵本。日本の絵本の歴史に残る一冊。
  • むしばミュータンスのぼうけん/かこ
  • 1,300円+税(8%税込1,404円)
  • 買物かごへ
プーおじさんの一言
科学の絵本は読み聞かせる本もありますが、どちらかというと資料として出番を待っているものが多いので、まず大人自身で読んでおいて、子どもがちょうど欲しているときに、その知識を提供してやります。
むし くらしとかいかた
阪口浩平 監修/今森光彦 構成
21×19cm 96p
かぶとむし、くわがたを始め、つかまえてきては飼おうとする子どものために、持っていて便利な一冊。
ちいさないきもの
くらしとかいかた

日高敏隆 監修/伊藤ふくみ 構成
21×19cm 96p
ザリガニ、さかななど、やはり身近な生き物と友達になるために必要最小限のことが書かれている。
  • ちいさないきもの くらしとかいかた
  • 800円+税(8%税込864円)
  • 買物かごへ
夏の虫夏の花
奥本大三郎 文/たかはしきよし 絵
31×23cm 40p
従来の図鑑と違い、ページがそれぞれ環境ごとに構成されているので、探している虫や花を見つけやすい実用的な本。親が子に日常教えてやれる範囲である。645種が書かれている。
  • 夏の虫夏の花/奥本大三郎
  • 1,500円+税(8%税込1,620円)
  • 買物かごへ
虫のひげ
高家博茂 文/横内襄 絵
21×19cm 32p
虫のひげって何の役に立っているか知ってる?つえかな?においを嗅ぐ?音を聴く?定規の役目をするひげなんかもあるんだネ。
  • 虫のひげ/高家博成ほか
  • 1,200円+税(8%税込1,296円)
  • 買物かごへ
おなら
長新太
25×22cm 28p
おならは我慢しない方がいいらしい。くさいおならはどうしてなの?げっぷは口から出るおならだね。
わたし
谷川俊太郎 文/長新太 絵
25x22cm 28p
これは、社会学の本。わたしはこの世にわたしとしてだけ存在しているんじゃない。いろんな人がいろんな立場でわたしを見る。
  • わたし/谷川俊太郎
  • 900円+税(8%税込972円)
  • 買物かごへ
おんなのこってなあに?
おとこのこってなあに?

ステファニー・ワックスマン
23×23cm 40p
シンプルな性教育の本。女と男の違いは、つまるところ・・・。伝統的な性別役割意識について、大人もちょっと考えてみたい。
  • おんなのこってなあに?おとこのこって
  • 1,100円+税(8%税込1,188円)
  • 品切れ。入荷未定
プーおじさんの一言
こうした科学的な知識を、絵本を通して身につけられるのは、大人にとってもラッキーなことですね。
どうぶつのあしがたずかん
加藤由子 文/,ヒサクニヒコ 絵
21.5×28cm 48p
なんと実物大足型つき絵本。「これ、何の足?」まずは、クイズで子どもに聞いてひと盛り上がり。それから、本を読んでもうひと盛り上がりしよう。
  • どうぶつのあしがたずかん/加藤由子
  • 1,400円+税(8%税込1,512円)
  • 買物かごへ
どうぶつえんガイド
あべ弘士
26×23cm 88p
あべ弘士さんの原点とも言える本。動物園の飼育係をしながら書いた動物紹介のワンポイントアドバイス。
  • どうぶつえんガイド/あべ弘士
  • 1,600円+税(8%税込1,728円)
  • 買物かごへ
やさいのおなか
木内勝
19×19cm 48p
まず、野菜を包丁で切ったときのシルエットを紹介。何だろうとなぞなぞのように当てさせていく楽しい絵本。
  • やさいのおなか/きうちかつ
  • 1,000円+税(8%税込1,080円)
  • 買物かごへ
ふしぎなナイフ
20x27cm 28p
実際にはあり得ないことが、絵で起こる。リアルに描かれた絵だからこそ、説得力がある。
  • ふしぎなナイフ/中村牧江・林健造
  • 800円+税(8%税込864円)
  • 買物かごへ
はじめてであうすうがくの絵本 1
安野光雅
25×22cm 104p
数学の絵本がなかなかない中でこの本の存在はうれしい。高度な数学も遊びながら学べる。
  • はじめてであうすうがくの絵本/安野
  • 1,600円+税(8%税込1,728円)
  • 買物かごへ
野の草花
古矢一穂 文/高森登志夫 絵
31×23cm 40p
環境ごとにページが構成されているので、実際に見つけやすい本。子供と一緒に散歩するとき、親にとっても嬉しい一冊。
  • 野の草花/古矢一穂
  • 1,400円+税(8%税込1,512円)
  • 買物かごへ
上の本をお持ちの方には、下の本がお薦め。
地球
加古里子
31×23cm 56p
加古里子の本は、全て斬新である。この地球もすごすぎる絵本だ。1ページだけでも、30ページ分くらいの情報量がある。絵を見ているだけでも、時間がいくらでもつぶせる。
こいぬがうまれるよ
ジョアンナ・コール 文/ジェローム・ウェクスラ− 写真
26×21cm 40p
母さんイヌから子どもが生まれるところから、歩いて散歩に行くところまでがモノクロの写真でつづられている。「わたし」がもらった犬はソーセージという名前を付ける。興味津々、子どもが釘付けになる科学絵本。
  • こいぬがうまれるよ/ジョアンナ・コール
  • 900円+税(8%税込972円)
  • 買物かごへ
あそぼうあそぼう おとうさん
浜田桂子
26×23cm 28p
おとうさんにのぼる「山のぼり」。お父さんの「すべり台」「ひこうき」や「ロボット」。お父さんにいろんな遊びをしてもらえる楽しいヒント満載絵本。
  • あそぼうあそぼうおとうさん/浜田桂子
  • 900円+税(8%税込972円)
  • 買物かごへ

あそぼうあそぼう おかあさん
浜田桂子
26×23cm 28p
え、お母さんはもうくたくたですって?だいじょうぶ。この絵本には子どもが自分のイメージで遊ぶヒントがいっぱいのっています。でも「だっこマシン」だけはぜひ挑戦して欲しい。

  • あそぼうあそぼうおかあさん/浜田桂子
  • 838円+税(8%税込905円)
  • 品切れ。重版未定

 

本・絵本