ACONA BICONBI/アコナ・ビコンビ

正三角形を使った立体構成

もともとは、1961年にダネーゼ社からおもちゃとして出されたものですが、1965年にはステンレス製のオブジェとして限定生産されたこともあります。また、2006年と2007年には照明器具になって再登場しました。

円形のパーツなので惑わされやすいのですが、実は正三角形が基本で、耳になった円弧の部分が接合部と装飾を兼ねていると考えた方が良さそうです。ですから、正三角形をベースにした多面体ー正四面体や正八面体などーが簡単にできちゃいます(スリーブ表面に印刷されたイラスト参照)。もちろん、それ以外の形もいろいろ作れるので、まさに紙製の立体構成玩具ですね。

個人的には、円をベースにしたことで生み出される、円弧のリズム感と柔らかい感じが好きです。遊ぶときは、耳の部分同士を、ゼムクリップやホッチキス、両面テープなどで固定するといいでしょう。

(2008年6月 佐々木)

写真を拡大
作者:
ブルーノ・ムナーリ
製作:
コライーニ社(伊)
寸法:
23cm角(スリーブ)、直径22.5cm、正三角形の一辺19.5cm(ディスク)
色:
赤、白、青、緑の4色(通信欄で色をご指定下さい)
内容:
折り目の付いた紙製ディスク10枚
素材:
厚紙
初版:
2008年
オリジナル:
1961年ダネーゼ社(伊)
  • ACONA BICONBI/MUNARI 赤・青・緑・白
  • 3,100円+税(8%税込3,348円)
  • 品切れ。入荷未定

スリーブ裏面

中身はこんな感じ(青の場合)。4色とも裏面は銀色。

こんなものも作れます。10枚全部使った例。

左の形を上から見る


正四面体

正八面体(ネフ社のダイアモンドと同じ)

左の形を下から見る


パクパク動かすこともできます。

円盤のような形


切妻屋根のような形

別の角度

別の角度


関連商品


エディツィオーニ・ペル・バンビーニ

シリーズの全貌とオリジナルの写真を見ることができる貴重な資料。

16の海の生物

シリーズ中の最高傑作のひとつ

プラス・マイナス(つけたり・とったり)

透明シートを重ねて遊ぼう

ABCで遊ぼう

ムナーリの平面遊び