トーベ・ヤンソンとムーミン

ムーミンってあなどれない

絵本や童話は、しばしば軽く見られがち。でも、読んでみたら、意外と奥が深くて驚いたという大人が多い。そして、この「ムーミン」もそんな童話のひとつ。

哲学者の冨原眞弓さんも、最初はムーミンについて偏見を持っていた(やさしく、わかりやすく、時としてくどいほど説明的だろう)。ところが、読み進むにつれて

(前略)これは明るく楽しいだけの冒険物語ではない。架空のキャラクターにことよせて、実は現実世界に生きる等身大の人々の悩みや憧れについて語られているのではないか。(後略)

[ ムーミン谷へようこそ ] より

とわかったという。

(コプタ通信2006年10月号より 柿田友広)

我が家では2年近くかけて、全巻を読み聞かせました。正直なかなか大変でした(特に最後の2冊)。「ムーミンパパ海へいく」はあまりにも閉塞感が強くて、私自身が読み続ける勇気をなくしそうになったのですが、次男の「お父さん、ムーミン読んで」の声に励まされて、なんとか読み終えた次第です。改めてシリーズ全体を見直してみると、全てがお薦めというわけでもないんですね。「では、何を読んだらいいんでしょうか?」というご質問に独断でお答えします。

  • 1冊だけ読むなら
    • 楽しいムーミン一家
  • もう少し読むとしたら
    • ムーミン谷の夏まつり
    • ムーミン谷の彗星
  • はまってしまったら
    • ムーミンパパの思い出
    • ムーミン谷の冬
    • 小さなトロールと大きな洪水
  • ヤングアダルトの読み物として
    • ムーミン谷の仲間たち
    • ムーミンパパ海へいく
    • ムーミン谷の十一月

あらすじや登場人物などの詳細は、下にある表にまとめましたので、そちらをご覧下さい。

(2008年8月8日 佐々木)


ムーミン早見表

題名 前半/後半 発行年 あらすじ 主な登場人物 佐々木のひとこと
0 小さなトロールと大きな洪水 前半=夏のシリーズ 1945 パパはいないけどもう待っていられない。冬が来る前に家を建てなければ。ムーミントロールとママは、おそろしい森や沼を抜け、荒れ狂う海を渡って、お日さまの光あふれる温かい場所をめざします。 ムーミントロール、ママ、スニフ、ニョロニョロ もともとは、これがムーミントロールの原点。ただし、絵や設定は、後のものとやや異なるので、別物と考えてよい。でも、ここから読みはじめるのもありだと思う。短かめの話で、絵も多いので、気軽に楽しめます。
1 ムーミン谷の彗星 1946(最終版:1968) 長い尾を光らせた彗星が、地球にやってくるというので、ムーミン谷は大さわぎ。ムーミントロールは、彗星を調べるため、スナフキン、スニフと一緒におさびし山の天文台へ出発します。 ムーミントロール、ムーミンママ、ムーミンパパ、スナフキン、スニフ、スノークのおじょうさん、ヘムル、じゃこうねずみ まん丸いムーミンの体にはなっていないが、ほぼ完成に近いので違和感はない。スニフとスナフキンが旅の仲間として活躍する。特にスニフがいい味を出してる。
2 楽しいムーミン一家 1948 長い冬眠からさめたムーミン谷の愛すべき仲間たちが、海べりの山の頂上で、黒い帽子を見つける。だが、それは魔物の帽子だったために、次々におかしな事件が… ムーミントロール、ムーミンママ、ムーミンパパ、スナフキン、スニフ、スノークのおじょうさん、ヘムレンさん、スノーク、ニョロニョロ、トフスランとビフスラン、じゃこうねずみ、モラン、飛行おに アニメでムーミンを知った私のイメージに一番近いお話。主な登場人物も勢ぞろいして、それぞれの個性をにぎやかに発揮します。盛りだくさんのエピソード、心温まる結末もあって、最初のムーミンとしてもお薦めの一冊。
3 ムーミンパパの思い出 1950(改訂版:1968) ムーミンパパが「思い出の記」を書きました。捨て子だった子ども時代のこと、冒険にあこがれてホームを抜け出したおそろしい夜のこと。発明家フレドリクソンとの出会い、スナフキンの父ヨクサルや、スニフの父ロッドユールの若い日の思い出。そして、可愛いむすめだったムーミンママとの劇的な出会い…。 ムーミンパパ、フレドリクソン、ヨクサル、ロッドユール、ヘムレンおばさん、ニブリング、ミムラ夫人、ミムラのむすめ、ちびのミイ、ムーミントロール、スニフ、スナフキン、ムーミンママ 若きムーミンパパの冒険談。ムーミントロールやスニフ、スナフキンに語る今と、昔話が交互に入り交じる構成や、ムーミンパパの思い入れたっぷりな語り口がまだるっこしく感じることもあるが、読み進むにつれ全体が大きなうねりとなって結末に進んでいく。

ブログ記事

4 ムーミン谷の夏まつり 1954 平和な6月のムーミン谷に大洪水がおしよせる。ムーミン一家は、大水をのがれて、流れてくる一軒の家(実は劇場)に乗り移る。しかし、ムーミントロールとスノークのおじょうさんは、はぐれてしまう。そこで、2人を探すために評判になるような劇をすることを思いついて…。 ムーミントロール、ムーミンママ、ムーミンパパ、スナフキン、ミムラねえさん、ちびのミイ、ホムサとミーサ、フィリフヨンカ 楽しい「ムーミン一家」と同様、ムーミンのイメージに近い楽しい話。ただし、おなじみのムーミン谷の風景やムーミン家はほとんど登場せず(なにせ漂流中なので)。劇場に暮らすムーミン一家、はぐれてしまったムーミントロールとスノークのおじょうさん、別行動するスナフキンとちびのミイたちのエピソードが盛りだくさんに描かれる。

ブログ記事

5 ムーミン谷の冬 後半=冬のシリーズ 1957 お日さまがいなくなってしまった冬、雪に埋もれたムーミン谷の仲間たちは冬眠中。でも、いるんです。冬には冬の生きものが。青い月の光にてらされて目をさましたムーミントロールは、いままで誰も知らなかった冬の生きものの世界へ… ムーミントロール、ちびのミイ、おしゃまさん、めそめそくん、ヘムレンさん、ムーミンママ シリーズの真ん中にあたるこのお話は、シリーズ前半の明るさ/楽しさに、後半の内面的な葛藤などの雰囲気が少し入り込んでいる。登場人物も多彩で個性的。特にちびのミイは、このお話で性格付けがはっきりして、生き生きと動き回ります。

ブログ記事

6 ムーミン谷の仲間たち 1962 スナフキン、ホムサ、フィリフヨンカ、ムーミントロール、ヘムレンさん、ニンニ、ニョロニョロ、スニフ、はい虫を紹介する9つの短編集。 スナフキン、ホムサ、フィリフヨンカ、ムーミントロール、ヘムレンさん、ニョロニョロ、スニフ、ちびのミイ、おでぶさん、ムーミンパパ、ムーミンママ 原作シリーズで唯一の短編集。しかもクリスマスのお話も入っている。あっさりしているが、内省的で深い味わいがあって、大人が読んでも楽しめる。また、ラフスケッチ風の絵も雰囲気があるが、「ムーミン的」な可愛らしさとは趣が異なる。
7 ムーミンパパ海へいく 1965 かわいいムーミントロールとやさしいママ、おしゃまなミイにすてきな仲間たち。平和な毎日が物足りなくなったムーミンパパは、ある日一家を連れて海を渡り、小島の灯台守になります。 ムーミントロール、ムーミンママ、ムーミンパパ、ちびのミイ、モラン 最も読むのがしんどかった一冊。閉ざされた世界(島)で、自尊心を傷つけられたパパは海の研究に逃げ込み、ムーミントロールは親離れを始め、孤独なママは自分だけの世界に閉じこもる。家族の閉塞感がやけにリアル。中学生以上だと思う。
8 ムーミン谷の十一月 1970 今は11月。もう少ししたら、ムーミン谷は、真っ白な雪にとざされます。人恋しくてムーミン家に集まってきたフィリフヨンカ、ホムサ、ヘムレン、スナフキン、ミムラたち。ところが、心をなごませてくれるはずのムーミン一家は旅に出ていて…。 スナフキン、ホムサ、フィリフヨンカ、ヘムレン、ミムラ、スクルッタ 前作同様、大人っぽいお話。しかし、こちらの方がまだ読みやすいのは、描かれる人物が多いので、リズムのようなものがあるからか。それとも家族でなく、島でないから閉塞感が弱められているのか。いずれにせよ、楽しさとは無縁の内面的な物語。

ブログ記事

原作 ムーミン童話全集 ハードカバー

ムーミンの原作です。挿し絵もトーベ・ヤンソンによるもの。表紙カバーの絵は、原著もしくは他国版の表紙を使っています。

ムーミン童話全集

ムーミン谷の彗星

  • ムーミン童話全集1 ムーミン谷の彗星
  • 1,600円+税(8%税込1,728円)
  • 買物かごへ

ムーミン童話全集2

楽しいムーミン一家

  • ムーミン童話全集2 楽しいムーミン一家
  • 1,600円+税(8%税込1,728円)
  • 買物かごへ

ムーミン童話全集3

ムーミンパパの思い出

  • ムーミン童話全集3 ムーミンパパの思い出
  • 1,600円+税(8%税込1,728円)
  • 買物かごへ

ムーミン童話全集4

ムーミン谷の夏まつり

  • ムーミン童話全集4 ムーミン谷の夏まつり
  • 1,600円+税(8%税込1,728円)
  • 買物かごへ

ムーミン童話全集5

ムーミン谷の冬

  • ムーミン童話全集5 ムーミン谷の冬
  • 1,600円+税(8%税込1,728円)
  • 買物かごへ

ムーミン童話全集6

ムーミン谷の仲間たち

  • ムーミン童話全集6 ムーミン谷の仲間たち
  • 1,600円+税(8%税込1,728円)
  • 買物かごへ

ムーミン童話全集7

ムーミンパパ海へいく

  • ムーミン童話全集7 ムーミンパパ海へいく
  • 1,600円+税(8%税込1,728円)
  • 買物かごへ

ムーミン童話全集8

ムーミン谷の十一月

  • ムーミン童話全集8 ムーミン谷の十一月
  • 1,600円+税(8%税込1,728円)
  • 買物かごへ

ムーミン童話全集別巻

小さなトロールと大きな洪水

  • 別巻 小さなトロールと大きな洪水
  • 1,400円+税(8%税込1,512円)
  • 買物かごへ

青い鳥文庫版

ムーミンの原作です。挿し絵もトーベ・ヤンソンによるもの。新書に近い大き目サイズ。字も大きめなので読みやすい文庫版です。

ムーミン童話シリーズ

ムーミン谷の彗星(新装版)

  • ムーミン谷の彗星-新装版
  • 650円+税(8%税込702円)
  • 買物かごへ

ムーミン童話シリーズ

たのしいムーミン一家(新装版)

  • たのしいムーミン一家-新装版
  • 680円+税(8%税込734円)
  • 買物かごへ

ムーミン童話シリーズ

ムーミンパパの思い出(新装版)

  • ムーミンパパの思い出-新装版
  • 680円+税(8%税込734円)
  • 買物かごへ

ムーミン童話シリーズ

ムーミン谷の夏まつり(新装版)

  • ムーミン谷の夏まつり-新装版
  • 650円+税(8%税込702円)
  • 買物かごへ

ムーミン童話シリーズ

ムーミン谷の冬(新装版)

  • ムーミン谷の冬-新装版
  • 620円+税(8%税込670円)
  • 買物かごへ

ムーミン童話シリーズ

ムーミン谷の仲間たち(新装版)

  • ムーミン谷の仲間たち-新装版総ルビ
  • 680円+税(8%税込734円)
  • 買物かごへ

ムーミン童話シリーズ

ムーミンパパ海へいく(新装版)

  • ムーミンパパ海へいく-新装版
  • 740円+税(8%税込799円)
  • 買物かごへ

ムーミン童話シリーズ

ムーミン谷の十一月(新装版)

  • ムーミン谷の十一月-新装版
  • 680円+税(8%税込734円)
  • 買物かごへ
  • 小さなトロールと大きな洪水-新装版
  • 580円+税(8%税込626円)
  • 買物かごへ

ムーミン絵本

トーベ・ヤンソン自身が描いた絵本。画家としてのヤンソンの絵も堪能できます。

トーベ=ヤンソンのムーミン絵本1

それから どうなるの?

作・絵:
トーベ・ヤンソン
訳:
渡部翠
寸法:
29×21cm
頁:
27p
原書初版:
1952

自分で切って穴を開ける仕掛け絵本。表紙

  • ムーミン絵本 それからどうなるの?
  • 1,600円+税(8%税込1,728円)
  • 買物かごへ

トーベ=ヤンソンのムーミン絵本2

さびしがりやの クニット

作・絵:
トーベ=ヤンソン
訳:
渡部翠
寸法:
29×21.5cm
頁:
27p
原書初版:
1960

さびしがりやだけど自分からは仲間に入っていけないクニット。でも女の子の助けを求める手紙を読んで、助けにいきます。

  • さびしがりやのクニット トーベ・ヤンソンの
  • 1,600円+税(8%税込1,728円)
  • 買物かごへ

トーベ=ヤンソンのムーミン絵本3

ムーミン谷へのふしぎな旅

作・絵:
トーベ・ヤンソン
訳:
渡部翠
寸法:
29×21cm
頁:
28p
原書初版:
1977

ごきげんななめのスサンナは、ひょんなことで「めちゃくちゃ世界」(=ムーミン谷)に入り込んでしまいます。グワッシュ画が美しい。

  • ムーミン谷へのふしぎな旅
  • 1,600円+税(8%税込1,728円)
  • 買物かごへ

ヤンソン姉弟によるムーミン・コミックス

トーベ・ヤンソンと弟ラルス・ヤンソンによるムーミン・コミックスが、ロンドンの「イブニング・ニュース」に登場したのは、1954年のことです。ちょっとまぬけで心やさしいムーミンたちは、たちまちロンドンっ子たちの人気者となり、20以上の言語に翻訳され、世界中の新聞に転載されました。また、1960年以降は、ラルス・ヤンソンがひとりでさらに15年にわたって連載を続けました。(後略)

[ ムーミン・コミックスのカバー解説文 ] より

新聞連載の4コマ漫画なので、毎回読み切りなのですが、つなげると長いお話になっています。メルヘンとかファンタジーといった味わいはなく、むしろ現実の世界を色濃く反映しています。味付けは、皮肉やパロディ、そして(くすっと笑える)ユーモアなどなど。大人向きですが、スヌーピーやタンタンが好きな子なら楽しめると思います。

トーベによるものが14話、ラルスとの共著が7話、ラルスによるものが46話発表されたそうです。収録話の*はトーベのサインが、**はラルスのサインが、***はヤンソン名のサイン(おそらく共著)が入っています。また無印はサインなしなので、共著と思われます。(2006年9月 佐々木)

ムーミン・コミックス 第1巻

黄金のしっぽ

  • ムーミン・コミックス 第1巻黄金のしっぽ
  • 1,200円+税(8%税込1,296円)
  • 買物かごへ

ムーミン・コミックス 第2巻

あこがれの遠い土地

  • ムーミン・コミックス 第2巻あこがれの遠い土地
  • 1,200円+税(8%税込1,296円)
  • 買物かごへ

ムーミン・コミックス 第3巻

ムーミン、海へいく

  • ムーミン・コミックス 第3巻ムーミン、海へいく
  • 1,200円+税(8%税込1,296円)
  • 買物かごへ

ムーミン・コミックス 第4巻

恋するムーミン

  • ムーミン・コミックス 第4巻恋するムーミン
  • 1,200円+税(8%税込1,296円)
  • 買物かごへ

ムーミン・コミックス 第5巻

ムーミン谷のクリスマス

  • ムーミン・コミックス 第5巻ムーミン谷のクリスマス
  • 1,200円+税(8%税込1,296円)
  • 買物かごへ

ムーミン・コミックス 第6巻

おかしなお客さん

  • ムーミン・コミックス 第6巻おかしなお客さん
  • 1,200円+税(8%税込1,296円)
  • 買物かごへ

ムーミン・コミックス 第7巻

まいごの火星人

  • ムーミン・コミックス 第7巻まいごの火星人
  • 1,200円+税(8%税込1,296円)
  • 買物かごへ

ムーミン・コミックス 第8巻

ムーミンパパとひみつ団

  • ムーミン・コミックス 第8巻ムーミンパパとひみつ団
  • 1,200円+税(8%税込1,296円)
  • 買物かごへ

ムーミン・コミックス 第9巻

彗星がふってくる日

  • ムーミン・コミックス 第8巻ムーミンパパとひみつ団
  • 1,200円+税(8%税込1,296円)
  • 買物かごへ

ムーミン・コミックス 第10巻

春の気分

  • ムーミン・コミックス 第10巻春の気分
  • 1,200円+税(8%税込1,296円)
  • 買物かごへ

ムーミン・コミックス 第11巻

魔法のカエルとおとぎの国

  • ムーミン・コミックス 第11巻魔法のカエルとおと
  • 1,200円+税(8%税込1,296円)
  • 買物かごへ

ムーミン・コミックス 第12巻

ふしぎなごっこ遊び

  • ムーミン・コミックス 第12巻ふしぎなごっこ遊び
  • 1,200円+税(8%税込1,296円)
  • 買物かごへ

ムーミン・コミックス 第13巻

しあわせな日々

  • ムーミン・コミックス 第13巻しあわせな日々
  • 1,200円+税(8%税込1,296円)
  • 買物かごへ

ムーミン・コミックス 第14巻

ひとりぼっちのムーミン

  • ムーミン・コミックス 第14巻ひとりぼっちのムーミン
  • 1,200円+税(8%税込1,296円)
  • 買物かごへ

ムーミン関連本

ムーミン谷への旅〜トーベ・ヤンソンとムーミンの世界

発行者:
野間佐和子
文:
渡部翠・高橋静男・冨原眞弓
寸法:
24×19.5cm
頁:
143p

ムーミン世界のルーツを探るフィンランドの紹介ページ、トーベ・ヤンソンの生い立ち、作品紹介、登場人物紹介などツボを得た内容。たくさんの絵と写真を使った決定版。

  • ムーミン谷への旅
  • 2,900円+税(8%税込3,132円)
  • 買物かごへ

ようこそ!ムーミン谷へ〜ムーミン谷博物館コレクション

絵:
トーベ・ヤンソン
文:
ミルヤ・キヴィ
訳者:
末延弘子
寸法:
25.5×22cm
頁:
103p

ムーミンのふるさとフィンランドのタンペレ市立美術館発行の本。ムーミン谷博物館として知られる同館のムーミンコレクション(フィギュアやジオラマは圧巻)も紹介されている。ムーミン誕生60年を記念して出版された。

  • ようこそ!ムーミン谷へ
  • 2,800円+税(8%税込3,024円)
  • 買物かごへ

ムーミン谷へようこそ

著者:
冨原眞弓
寸法:
18.5×11.5cm
頁:
173p

冨原さんが初めてムーミンに出会った時の新鮮な驚きが語られています。

  • ムーミン谷へようこそ
  • 1,080円+税(8%税込1,166円)
  • 買物かごへ

ムーミンを読む

冨原眞弓
寸法:
20×13.5cm
頁:
218p

「ムーミン谷へようこそ」から10年。冨原さんが、奥深いムーミンの世界をもう一度解き明かします。


ムーミン谷の名言集

作者:
トーベ・ヤンソン/ユッカ・パルッキネン
訳者:
渡部翠
寸法:
20×13.5cm
頁:
143p

「だれかを崇拝しすぎると、ほんとうの自由は、得られないんだよ」(スナフキン)、「きみって、おどろいたおちびさんだねえ」「ずぼしだわ。まかしといてよ、そのとおり。あたいはミイ。おどろくほどちびのミイよ」(ちびのミイがスナフキンに)など、名セリフがいっぱい。

  • ムーミン谷の名言集
  • 1,200円+税(8%税込1,296円)
  • 買物かごへ

ムーミン童話の百科事典

編者:
高橋静男(ムーミンゼミ)・渡部翠
寸法:
22×16cm
頁:
367p

ムーミン童話のすべてを網羅した事典。作者ヤンソンの秘密も公開。ファン必見の書。

  • ムーミン童話の百科事典
  • 3,000円+税(8%税込3,240円)
  • 買物かごへ

ムーミンママのお料理の本

作:
サミ・マリラ
絵と引用文:
トーベ・ヤンソン
訳:
渡部翠
寸法:
25×22cm
頁:
111p

「スナフキンの荒野の五目スープ」(かっこいい!)「ムーミンママのりんごパイ」(美味しそう!)などムーミン谷のごちそうを集めました。サラダ、スープ、朝食、デザート、野外料理、ピクニック用のお弁当、パンやクッキーやケーキなどなど150種近くもあります。ムーミンの原作からの文章や絵も随所に載っています。

  • ムーミンママのお料理の本
  • 1,800円+税(8%税込1,944円)
  • 買物かごへ

ムーミンのふたつの顔

著者:
冨原眞弓
発行:
筑摩書房
寸法:
B6判
頁数:
206p
初版:
2005年

  • ムーミンのふたつの顔/冨原眞弓
  • 1,500円+税(8%税込1,620円)
  • 買物かごへ

ムーミン画集 ふたつの家族

絵・文:
トーヴェ・ヤンソン
文:
冨原眞弓
発行:
講談社
寸法:
27cm
頁数:
111p
初版:
2009年

  • ムーミン画集 ふたつの家族
  • 2,600円+税(8%税込2,808円)
  • 買物かごへ

トーヴェ・ヤンソンとガルムの世界

著者:
冨原眞弓
発行:
青土社
寸法:
21×15cm
頁数:
460p
初版:
2009年
  • トーヴェ・ヤンソンとガルムの世界/冨原眞弓
  • 3,800円+税(8%税込4,104円)
  • 買物かごへ

ムーミン谷のひみつ

著者:
冨原眞弓
発行:
筑摩書房
寸法:
文庫判
頁数:
254p
初版:
2008年
  • ムーミン谷のひみつ/冨原眞弓
  • 640円+税(8%税込691円)
  • 買物かごへ

紙でつくるムーミン谷の仲間たち

発行:
集文社
寸法:
30×21.5cm
初版:
2005年

ムーミンがペーパークラフトになって登場!手のひらサイズのムーミン、ミー、スナフキン、ムーミン屋敷が作れます。

  • 紙でつくるムーミン谷の仲間たち
  • 1,200円+税(8%税込1,296円)
  • 買物かごへ

ヤンソンの他の作品

島暮らしの記録

著者:
トーベ・ヤンソン
画:
トゥーリッキ・ビエティラ
訳:
冨原眞弓
寸法:
19.5×13cm
頁:
167p

80年にわたって島暮しをしてきたトーベ・ヤンソンが綴る島の日々。登場するのは、作者と母ハム、そして親友のトゥーリッキ。単純で幸福な自然の日々。

  • 島暮らしの記録/トーベ・ヤンソン
  • 1,900円+税(8%税込2,052円)
  • 買物かごへ

彫刻家の娘

著者:
トーベ・ヤンソン
訳者:
冨原眞弓
寸法:
19×13.5cm
頁:
238p

原作者トーベ・ヤンソンの自伝。

  • 彫刻家の娘/トーベ・ヤンソン
  • 1,400円+税(8%税込1,512円)
  • 買物かごへ

少女ソフィアの夏

著者:
トーベ・ヤンソン
訳者:
渡部翠
寸法:
19×13.5cm
頁:
302p
  • 少女ソフィアの夏/トーべ・ヤンソン
  • 1,600円+税(8%税込1,728円)
  • 買物かごへ

トーベ・ヤンソン・コレクション1

軽い手荷物の旅

著者:
トーベ・ヤンソン
訳者:
冨原眞弓
寸法:
19.5×13cm
頁:
245p
  • 軽い手荷物のたび/トーべ・ヤンソン
  • 1,800円+税(8%税込1,944円)
  • 品切れ。入荷未定

トーベ・ヤンソン・コレクション2

誠実な詐欺師

著者:
トーベ・ヤンソン
訳者:
冨原眞弓
寸法:
19.5×13cm
頁:
183p
  • 誠実な詐欺師/トーべ・ヤンソン
  • 1,500円+税(8%税込1,620円)
  • 品切れ。入荷未定
本・絵本