乾千恵さんの世界

2003年に「こどものとも」としてペーパーバックで出版された「月 人 石」が、ハードカバーになりました。初めて出会う「書の絵本」としてオススメ。乾千恵さんの書は、いのちを感じさせる力があふれています。自らのハンディキャップを乗り越える力が、そのまま表現されているのかもしれません。

この本は、書の本としてはもちろんですが、写真集としても詩集としてもすばらしい!さらに巻末に13の書がローマ字と19の言葉で書かれている。外国の友人へのプレゼントとしても喜ばれます。

(榛地裕子)

乾千恵さんに初めてお合いしたのは、95年の夏、袋井市の可睡斎というお寺で開かれた「野草塾」という集まりででした。会場となった畳敷きの広間の鴨居に「洞」「骨」「天」といった書が飾られていました。ふと見上げればいつでも、力強くてあたたかな書が、静かに見守ってくれているようで、とてもうれしく豊かな気持ちになりました。

97年の保育セッション in 井川では、書の展示と語りの場を持たせていただきました(もう一人のゲスト片山健さんと3人で並んで撮っていただいた写真は私の宝物です)。その後、本が2冊も出版されてうれしい限りです。子どもと一緒に見るなら「月 人 石」が、書の美しさと乾さんの思いに触れるなら「『風』といるひと・・・」がお薦めです。

(2005年3月 佐々木隆行)

 
■乾千恵プロフィール
1970年大阪に生まれる。1988年から4年間、聴講生として京都精華大学に学ぶ。1990年銀座・画廊春秋で書展。以来各地で、図書館、お寺、学校、美術館、野外(森や畑)などを会場に、書展と語りの場が開かれてきた。エッセイや旅行記、絵本のためのお話などを執筆。大阪在住。

乾千恵の書の絵本

月 人 石

  • 月 人 石/乾千恵・谷川俊太郎
  • 900円+税(8%税込972円)
  • 買物かごへ

命が宿ったかのように躍動感のある書、研ぎ澄まされた詩、美しい写真が一体となった気...

書:
乾千恵
年齢:
4歳〜
     
「風」といるひと「樹」のそばのひと
文:乾千恵/写真:川島敏生/絵:乾直也
19×20.5cm、155p

乾さんが、出会った人との時間をいとおしむように綴ったエッセイ。山尾三省さんとの対談、書の美しい写真も楽しめます。風景の中に置かれた書はいきいきとして見えます。

  もじと絵
文字:乾千恵/絵・ことば:黒田征太郎
20.5×18.5cm、26p

乾さんの書を見て、黒田さんの頭(心)に浮かんだ言葉、さらにそれを絵にしました。書の力強さと、絵と言葉の力の抜け具合との、妙なバランスが面白い。書もなんだか楽しそうです。

  乾千恵の書
書:乾千恵/撮影:川島敏生
25×25cm 48p

タイトルの通り、書をたくさん集めた本です。その数37点。墨の色を忠実に再現した写真と印刷が素晴らしい。巻末の「千恵さんへのメッセージ」も乾さんの人柄が伝わってくる。「月 人 石」への想いをしたためた書も味わい深い。

別のページを見る1

別のページを見る2

  乾千恵の画文集
7つのピアソラ
文・絵:乾千恵
27.5×22  45p

ピアソラの曲から湧き出るイメージを描いた絵と、文章をまとめた本です。10年の歳月をかけたものが、司修さんの目にとまって本になりました。

別のページを見る

  • 風といるひと樹のそばのひと/乾千恵
  • 1,900円+税(8%税込2,052円)
  • 買物かごへ
 
  • もじと絵/乾千恵・黒田征太郎
  • 1,200円+税(8%税込1,296円)
  • 販売終了
 
 
本・絵本