百町森お店日記:その29『ようこそ、鷹匠へ』

|

百町森は静岡市の「鷹匠」(たかじょう)というところにあります。
静岡の中心街にほど近く、駿府城もすぐそば。 徳川家康公に奉仕した鷹匠が多く住んでいたことから、この町名がついたそうです。 住宅地の中のちょっとした路地に小さなお店が点在していて、最近は”静岡の代官山”なんて 言われたりしています。(←ちょっと言い過ぎ?)

その鷹匠周辺が、今月号の「すろーらいふ」で特集が組まれています。
「すろーらいふ」は百町森スタッフも毎号楽しみにしている、静岡のフリーペーパー。 「行ってみたーい!!」と思うような魅力的な場所がいつも紹介されているのですが、今回も 鷹匠にある素敵なお店がたーくさん載っています。もちろん百町森も登場しますよ♪

P1110036.JPG

鷹の表紙が目印!

でもよーくみると・・・


P1110037.JPG

鷹匠に関連した小さな写真でつくられていたんですね!
さてさて百町森の写真はどこでしょう?


さらに、百町森も参加している「Rojitaka」(鷹匠路地裏の会)も大きくクローズアップされています。

P1110035.JPG

Rojitakaページの表紙を飾るこの子は、百町森店内からスカウトされたオストハイマーの鷹匠です♪外のせいか、なんだかお店で見るよりのびのびしていますね(笑)


10月中のRojitakaは、それぞれのお店でささやかなプレゼントやサービスを用意して皆さんをお待ちしています。(詳しくは誌面をご覧下さい。)
百町森では会員へのお申込みの際に入会金無料になるキャンペーン、そして10月中旬からはクリスマス展がはじまります。 例年通り、クリスマスはお店が可愛い小物たちでいっぱいになります!!わたくし頑張って展示してお待ちしていますので、ぜひ一目見にご来店下さいね♪

「すろーらいふ」は百町森にも置いています。
ご来店の際は是非、この「すろーらいふ」片手に路地裏の鷹匠も散歩してみてくださいね。

この記事が含まれる商品カテゴリ・特集

アーカイブ