百町森お店日記:その22『なくなった玉のゆくえ』

|

百町森の店内には、実際におもちゃに触れられる見本が並んでいます。 ひっぱるおもちゃや、叩くおもちゃ、落とすおもちゃなどなど・・ ままごとコーナーやネフコーナーと同じく、みんなが手にとって遊ぶところなので、毎日の片付けが欠かせません。

SN3K0459.JPGのサムネール画像あるとき見本の棚を片付けていると、シロフォン付き玉の塔の玉がごっそり無くなっていました。


店内やプレイオンでおもちゃのパーツが行方不明になってしまうことはよくあること。 隙間に詰まっていたり、ままごとの具になっていることは日常茶飯事です。 ポストボックスの中にプラス10のコマが入っていたり、ままごとコーナーのお皿やおなべの中に 入っていたり・・・

その日はそれらとはちょっと違うところで発見されました。
レジの前にレールごっこのコーナーがあります。そこをよーく見ると・・・

SN3K0457.JPG SN3K0458.JPGのサムネール画像

赤いワゴンの中にぎっしり詰まれていました。
きっと積荷にぴったりだ!って閃いたんだろうなぁ。貨車に積荷は不可欠ですものね。

そういえば店内を走りまわる(走らされている?)スウェーデンの汽車にも たくさんの荷物が入っていることがあります。 ノックアウトボールの玉やネフの積み木などなど・・・そのときによって積荷も様々。 積荷があるとやっぱり盛り上がるんですねー。

さてさて明日は何が積まれるんでしょう??

この記事が含まれる商品カテゴリ・特集

アーカイブ